定期預金比較は総合力で新生銀行

最近ではインターネット銀行に注目が集まっています。 その一方で、インターネットを利用しない世代にとっては、やはり店頭の窓口のある銀行の方が魅力的であるに違いありません。 定期預金に関しても、とくに若い世代に関していえば、新規で口座を開設して、 インターネット銀行に預け入れをするケースが増えています。 その一方で、地元密着型の銀行に安心感を覚える方もいるでしょう。 とくに、インターネット銀行の中でも通帳やキャッシュカードがないところでは不安を覚えるようです。

さて、定期預金比較をして金利の面から言うと、大手銀行や地銀と、インターネット銀行の間には大きな開きができています。 そのような中にあって人気を維持している、ある意味では特殊な銀行があります。 それが新生銀行です。 少し前には、2週間定期預金を販売して話題になりました。 その後、東京スター銀行が1週間定期預金を販売し始めて、その陰に隠れてしまったような形になりましたが、 それでも多くの新規顧客を獲得する優良商品となりました。

しかし、新生銀行の目玉商品は、その2週間で満期になる定期預金だけではありません。 そのほかにも、毎年金利が上がっていくパワーステップアップ預金があります。 これは、初年度だけキャンペーンによって有利な金利を得ることのできるサービスを提供している銀行とは対照的で、 2年目に預け替えをする必要がなく、余分な手間を省くという点においては非常に魅力的な商品です。

さらに、新生銀行では定期預金をしている顧客に対する、他の方面での優遇もあるために人気となっています。 たとえば、2週間満期の定期預金をするだけで、新生銀行のゴールド会員になることができます。 その特典としては、振込手数料が毎月5回まで無料になります。 ですから、年間で計算するとかなりお得なサービスということができます。 そのような、総合口座としてのメリットを考えるときに、金利以外の魅力を考慮する必要を感じるかもしれません。

高金利で、しかもシンプルで安心な定期預金を探している場合には、 インターネット銀行の金利には及ばないとしても、定期預金比較し総合的評価で新生銀行を選ぶこともできます。 また、いまから新生銀行と取引を行なっておけば、やがて評判のいい住宅ローンなどでも有利に事を進めることができるかもしれません。 そのように広い視野に立って定期預金比較をして考えることも必要ですね。